FC2ブログ

生涯現役という言葉は本音なのだろうか

65歳を超えても自分で会社を立ち上げて、仕事を続けようとする人がニュースに出ていました。
その方がテレビで語っていた、「生涯現役」という言葉。
仲間と働くことは楽しいし、充実するとのこと。
きっと良い会社人生を歩んできた方なのだと思います。

退職をしてから第2の人生を歩み始める人もいる中で、それでも働くことを止めない姿を見ると、やはり仕事自体は悪いものではないのだと思います。

自分の職場環境を見ても、今は拘束時間はそれなりにありますが、単調作業ではありませんし、給料もそれなりにもらえています。なので、定年まで働く方も多いです。ただ、自分は一生続けようとは思えないです。体力・気力が充実している時にしか出来ないような世界一周や日本一周、小屋で本を読み続ける暮らし、時間をかけてアプリ開発をしたり、裁判傍聴に行ったり、山々を巡ってみたいです。

何年掛かるか分かりませんが、これらが終わった後に60ぐらいから働き始めるのも、悪くないかと思います。明らかに他の人のレールとは異なった生き方ですが、自分の中ではしっくりときています。

もちろん働き続けることでの楽しみもあって、今の開発現場で様々なプロジェクトや機能の立ち上げを行い、自身のアイデアで今のものをより良くしていく、職場の人と協力をし何かをやりとげる。海外で活躍する。または新規事業に関わり、すべてがゼロの状態から仕事を始めることもあるかもしれません。

こういったことが、一般的にやりがいと言われる物事かと思います。2つの人生の違いとして、セミリタイヤのプランでは個人で物事
は完結できますが、仕事を続ける場合は他人と関わることが必要です。また後半の人生のほうが金銭や社会的地位が高く、結婚も視野に入ります。後は病気などリスクがあってもある程度回避ができ、リストラになっても職は見つかりやすいと思います。

セミリタイヤをした場合には、どんな生き方をしても最後は一人の可能性が高いので、死ぬときは寂しいでしょうね。

どういう生き方になるかまだ分かりませんが、自分の人生は自分で選択をした上で生きたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐら

Author:もぐら
30代独身。雇用に束縛されず、精神的にも経済的にも社会的にも独立することを目標に日々をすごしています。打たれ弱い豆腐メンタルと過剰なまでの楽観主義の持ち主であり、扱い辛い社会不適合者です。
やりたいことリスト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
150位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
tweet
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR