FC2ブログ

無職になる際に気をつけておきたいこと

自分は今、普通に働いているわけなのですが
無職になった際には気をつけようと思っていることがあります。

・中毒性の高いことは行わない
・体を健康な状態で維持する

今回は中毒性の高いことは行わない。
ということについて書きたいと思います。

中毒性の高いこととしては、ギャンブル、タバコ、飲酒があります。
これらについては無職になってからは付き合い方に注意が必要と考えています。

私にとって、一番ハードルが高いのが飲酒です。
付き合い上、お酒は飲むことあありますし、今でも日常的に飲んでいます(週2、3回)。ビールがあると、食べ物がさらに美味しく感じられますし、たまに飲む日本酒は格別です。冷酒と冷奴、お燗と湯豆腐だけでかなり幸せな時間を過ごすことができます。

ただ、自由に使える時間が増えて酒に溺れるようになると確実に健康が蝕まれますし、金銭的にも負荷が大きいです。

自制できないものに関しては手を出さないほうが良いかと考えているのですが、何か良い方法はないものであろうか。

パッと自制をするために思いつく案は二つあります。
①アルコール度数の低い飲み物しか買わない
仮に飲んだとしても自身の中で耐性が出来にくくする。
アルコール度数5%以下のビール等で自分をごまかす。

焼酎のほうが翌日に残らなくて良いという考え方もあるが
そもそも翌日に影響が出るような時に酒を飲まないほうがいいし
焼酎の場合、アルコール量をコントロール出来るため最終的には
ストレートで飲むようになるだろう。

大学生の頃にアルコール度数を制限しなかったせいで一日中、
ウィスキーをロックで飲んでいる時期がありました。
自室の空気は酒臭く、周囲の友人からも酒を控えるように言われてた覚えがあります。これは一ヶ月ほど続いた時に肝臓に痛みが走るようになり、怖くなり禁酒しました。(病院には行きませんでしたが、診断したら凄いことになってたかもしれません。。。)

②その日に飲む分しか買わない
これは今でもやっていますが、効果は高いです。
アルコールを必要とした際に店まで買いに行く必要がある場合にはハードルの高さから、別にいいやと諦めがつきます。

以前は一本当たりの安さからケースで購入をして、冷蔵庫に常に冷やしていたのですが、一日2,3本ビールを飲み結果的に月2ケースぐらいビールを購入することなりましたのでまったく節約効果が出てませんでした。
会社でも頭がぼやけてましたし、この経験は良くなかったと反省しています。

今は6本入りのセットを買うのも止めて、その日に飲む分しか買いません。


正直、会社を辞めた後でも上記の2つがちゃんと守れていればアルコールに溺れることはないかな。後は月の予算を正しく組んで余剰分で嗜好品を購入するといった使い方にするなどですかね。

今のところ、月の食費は2万ぐらいで考えているので、正しく自炊をすればお酒を買うぐらいの余裕は出来そうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐら

Author:もぐら
30代独身。雇用に束縛されず、精神的にも経済的にも社会的にも独立することを目標に日々をすごしています。打たれ弱い豆腐メンタルと過剰なまでの楽観主義の持ち主であり、扱い辛い社会不適合者です。
やりたいことリスト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
150位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
tweet
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR