FC2ブログ

とりとめも無いことをつらつらと書きます

今日は休日なのでだらだらしていました。その間、思ったことがいくつかあったので、書いていこうかと思います。

・未だに自分がよく分からない。
 人は感情の生き物だと思う。心理学者は本能と理性の手綱を人間が握っていると書いているが、結局のところは人は本能で行動をするのであって、理性なんてものは後付のものなのだと思う。
 今日、100円のお菓子を1袋買うのに5分以上店で悩んでいた。理性が仕事をして、100円のお菓子を買うことによる満足度の差分が5分という時間を越えるかを考えれば、いかに無駄な時間をすごしたかが分かるわけだが、理性が全く仕事をしていなかったと思う。

・知識労働は置き換え可能
 私は知識労働者であり、常日ごろPCとにらめっこをしながら仕事をしている。また人とコミュニケーションをしながら、相手の意見を汲み取り話をまとめるようなことをする。ただ、何となくだが、自分のやっているようなことは後、20年もすれば機械に置き換え可能だと思う。自身がやっているのは、あくまで情報処理技術の一つである。また、人の感情をコントロールするのも機械のほうが上手く出来てしまえると思っている。
 逆に味覚のような、美味しい日本酒を造ったり、料理を作る、美しいものを作るなど、人の五感に訴える技術、生き物を相手にする技術はもう少し長く続きそう。ただ人が知能を使って行うことは人工知能が人を上回る日はそう遠くないと思う。やっぱり、ディープラーニングによる技術の革新は大きい。そうなった時に、人は何なのかと考えてしまう。何千万年も前からあまり進化も遂げていない人間が、たかだか数百年で進化を遂げた機械に置き換えられてしまうことになる。でも、そういう意味で機械が人を超える歴史的な変化点に自分がいるのだと思うと、結構ワクワクするものがある。どんな未来が待っているのだろうか。

・なぜ働くのか
 人はなぜ働くのか。「勤労の義務」が憲法に書かれているから、という考え方もあるが、そもそも今の日本国憲法なんてものは、敗戦国である日本にアメリカが押し付けた価値観であり、そんなものを日本人が受け入れるのはどうなのか。
 現代において、なぜ働くかを考えると、自分は「働くことを選択しているから」だと思う。たぶんアドラー心理学の影響もあるのだけど、別に現代では働かない選択肢があってもよいのではないか。結婚をして子供を大学に入れてやりたいとか、いい車に乗っていい食事がしたいとか、色々とあるが、年収100万以上を超えたら後はその人の価値観の世界であって、別に小屋を建てて一日中だらだらとしていたいという選択肢だってあっていい。
まぁ、最後の生活はあくまで社会に寄生する形で成り立つ生き方だから、少数はである必要はある。まぁ、でも6億当たったら会社辞めるわとか言っている人は、一回考え直してみてもいいんじゃないのかな。意外と2000万ぐらいあれば、死ぬまで生きられるんじゃない?とか。
 そもそも自分が年金を受け取るような年になったら、まともに働いている人なんているのだろうか。後、30年もすれば労働に関する価値観や、人が何のために生きるかといった価値観も変わるんじゃないかと割と本気で思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もぐら

Author:もぐら
30代独身。雇用に束縛されず、精神的にも経済的にも社会的にも独立することを目標に日々をすごしています。打たれ弱い豆腐メンタルと過剰なまでの楽観主義の持ち主であり、扱い辛い社会不適合者です。
やりたいことリスト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
150位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
tweet
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR