お金の価値について

私が気に入っている本の中ユダヤ人大富豪の教え という本があります。

ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え
(2003/06/19)
本田 健

商品詳細を見る


人生で成功をして、幸せなお金持ちになるにはどうすれば
よいかについて書いた本なのですが、その中の重要な法則で
以下の言葉が出てきます。

君が提供したサービスの量・質 = 君が受け取る報酬額

割と当たり前のことなのですが、結構忘れることです。
minimalizum ではお金を自由 として考えていますが
大きい枠で考えたときに、やっぱりこのフレーズがしっくりきます。

また自身が物を買うときにもその考え方が当てはまります。

相手にしてもらうサービスの量・質 = 自分が支払うお金


医療の軽減、役所の手続き、道路整備、治安維持、国防など
税金は、どれもサービスという形で国民に還元されています。
税金を納めていない人は、実感がないだけでかなりの量の
サービスを受けています。

食材やものについても結局はサービスというか、それを得るために
必要となった人の労力に対して支払われる対価です。

放っておいても沸き続ける温泉などは、そのままでは無料に
なりますが、それを利用するための設備を整える人手が必要です。

米や野菜、牛、鶏、魚などの農作物も結局のところ
それだけの人手が掛かってます。

時給800円でバイトをする人は、それだけの価値しか生み出せない人。
時給3000円で会社で仕事をする人は、高い専門性によって価値の高い
サービスを提供できる人
秒速で1億稼ぐ人は、多くの人に影響を与え、価値や考え方を変えることが出来る人。
それこそ100万人に100円分の価値のあることを提供できれば、1億を稼いでいると
言っていいのです。
ただし情報商材を扱うアフィリエイターは嫌いです。

重要なのは、
サービスの量 ≠ 費やした時間や労働力の量
ではないということ。
要するに時間と人を大量に注げば、それに見合ったサービスが
出来るかと言えば、そうではないということです。

適切な時間に適切な労働力を注ぐことで最大の効果を
出すことが重要です。

また、サービスを生み出す方法は人手である必要はないです。

投資をすることでお金に仕事をしてもらうことができれば
それも自身のお金により生み出されるサービスと言えます。

なので、お金を普通預金などの形で置いておくのと
投資をしてリスクを承知して、お金に仕事をしてもらうのと
では生み出されるサービスが変わってくるのです。

また、サービスの金額が一定であるときに、
インフレによって貨幣の価値が下がるようになると、
現在のサービスの価値が相対的に上がるようになります。
(100円ショップの買い物は、超インフレになるとお得ですよね)

サービスの金額が貨幣の価値に連動するとき
インフレによって貨幣の価値が下がっていくとすると
受け取ることの出来る価値が時間経過で落ちないものに
ついては、早い段階で買っておくほうが賢い選択となります。

企業はサービスを創出する装置とも言えます。

企業であれば、貨幣の価値の上下にそれほど影響を受けず
生み出されるサービスの量は定量的なので、ただお金を
持っているよりも価格変動などには柔軟に対処できるかと思います。

なので、普通預金としてお金を置いておくよりもサービスを
生み出す装置を使う権利を買っておいたほうがお金の価値は
下がらないでしょう。

このことに気づいてからは定期預金をしている人は
意外とリスクのある投資をしている人とも見えるように
なりました。

この人は日本円にすべてのお金を投資しているわけです。

ただ株にも投機的な側面も勿論あるので、そういう不安定さを
避けるにはインデックス投資などが機械的な感じでいいと思います。
スポンサーサイト

やる気が出ない

新しいことに対するモチベーションが落ちてきた気がします。
何かをするための道具を買うところまではいいのですが、
いざ買ってみると実行に移す前でに腰が重いです。

今のままでは無職になっても会社員の休日と大差がない気がします。
かといって働くことに対するモチベーションも相変わらず地を這って
いるわけで、これから上がっていく気もしない。

特に理由も無く部屋で情熱大陸を見ていたのだけど、青木豊さんの話が
結構面白かった。バイトをしながら安アパートに住んで
自分のやりたいことを続ける。こういう生き方は結構憧れるものがある。

ご飯食べてるシーンが食パンにジャム塗ったのだとか、
お好み焼きとか侘しい感じも伝わってきたのだけど
、独身男性の一人暮らしってそんな感じだと思う。
この人のライフスタイルが自分がセミリタイアをした際の
生活に近い気がする。
(というか、一般の中年フリーターはきっと大半はこういう生き方だろう)



今から初められて情熱大陸で取り上げられるような仕事って
なんだろうなー。
こういう番組に出られたら、どんな生き方をしてきたのであれ、
自身の中の自己顕示欲が満たされて、幸せになれると思う。

テレビにでてちやほやされたいという、不純な理由で何かを
はじめるというのも正直微妙かもしれないけど、生まれてきたから
には何かを残したいという気持ちもある。

アルコールだけはやめられない

私は酒もタバコも嗜みます。
ただ、タバコについては週に2、3本吸えば良い方で、
主に考え事をしたい時に外で吸ってます。
2年前に海外旅行した際に免税店で買ったタバコ1カートンが
未だに残っているので、私がいかにタバコを
吸わないかは分かるでしょう。

ただ、酒は結構飲みます。
週に2、3回はアルコールを摂取しないと脳が欲しがります。
平日は翌日に響くので、飲むのは避けていますが
休日には必ずといって良いほど飲んでます。
といっても、そこまで強くないので、
一日に日本酒3合が限界です。

日曜とかも、翌日に響かないように17時ぐらいに
ちょこっと飲んだりとかしてます。
日本酒って本当に美味しいんですよね。
基本的に本醸造以上しか、飲まないのですが
蔵によって個性があったり飲み方も変わったりで
趣味の一つになっています。

ただ、セミリタイヤをした時の懸念点の一つに、
時間が自由になることで好きな時に酒が飲めることが挙げられます。
今は半ば強制的にアルコールの摂取を制限されていますが
これがセミリタイヤをした際に自制出来る自身がないです。

いけしかさんも小屋暮らしをしている時に酒に溺れているような節も
見えたので、自分もそうなるような気がしてならない。。。

対策としては、毎日アルコールを摂取しちゃ駄目な仕事につく
(車の運転が伴う仕事、新聞配達など)
町から離れる。そもそも酒を得る機会を少なくする。
といったところかな。

まぁ、どれも根本的な対策にはなっていないのですが
アルコールの無い人生は、自分としても楽しくないので
そこは上手く付き合っていきたいなぁと思います。



なぜ石鹸を使わないといけないのか

私は基本的に毎朝身体を洗っています。
もちろん、シャンプー、ボディーソープを使ってです。

ただ、ネットを調べてみると、2日に1回だったり
髪しか洗わない人。ホットタオルで済ます人など人それぞれ。
かつやさんなんかは、週に一度髪を洗い、毎日タオルで身体を拭くという日常のようです。

正直、自分自身も人と会わないのであれば
2、3日は風呂無しでも問題ないのですが、
社会人であることもあり、冒険は出来ないです。

ネットに興味のある記事がいくつかありました。
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/12/08/0818.html
・体臭の原因は表皮ブドウ球菌の繁殖により酸性臭を作ることによるもの
・動物性の脂質を分解する際に皮脂線から酸性驟雨が出来やすい
 (ただし食物繊維を取ると緩和される)

http://kareisyutaisaku.net/wakigatotaisyu/entry1.html
・お風呂にお酢を入れる。
これにより、クエン酸が皮膚を弱酸性に抑える効果と殺菌の効果が期待されるそうです。

でも、通常身体を洗う場合と、ホットタオル等で身体を拭く場合とで
どのぐらい老廃物を落とせたか。
水のみで洗う場合と、石鹸を使用した場合とでの
臭度や老廃物の落ち具合など、自分が本当に必要だった記事は
見つかりませんでした。

正直、シャンプー、ボディーソープっているの?って
思っているところがあり、無くて済むならやり方を変えたいです。

食器でもお湯で洗うだけで、大抵の汚れは落ちます。
油汚れも、米のとぎ汁とかを使えばそれほど苦も無く落ちます。
山では紙でふき取れば問題ないので、多少は雑でも
身体に異常を来たすことはないのだと思います。

身体はどうなのでしょうか?お湯だけでは駄目なのでしょうか
身体に洗剤を擦りつけているのは何となく抵抗があります。

そもそも人は、いつから石鹸を使いはじめたのでしょうか。
また必要だったのか?

こんな記事がありました。
福山雅治が石けんもボディソープも使わないその理由と正しい体の洗い方

ほんとうはいらないもの ~ 石鹸、シャンプー、保湿剤、化粧水

よし。石鹸とシャンプーは捨てよう。

辞めたいオーラが全身から出ている

セミリタイヤにあこがれているし、
最近は親にも、孫の顔は見れないけどいいよね?みたいな
ことも伝えているし、心の中の覚悟がオーラのような形で現れてきているのだと思う。

必然的に仕事の質も落ちるわけです。
ただ、今更なんだけど仕事が出来ないからセミリタイヤの道を選んだのか、
セミリタイヤの道を選んだ結果、仕事が出来なくなったのかを考えると
やっぱり、最初のきっかけは前者だったと思う。

それによってデフレスパイラルのように
自身の能力が落ちて行き現状に至るわけである。

自分自身の駄目さ加減を過去の日記等で読んでみると
やっぱり自分は会社員として働くのには向いてないと感じる。

会社で一度、適正テストのようなものを受けたのだけど
能力が低すぎて、適正のある職種が無かったことがあった。
今、思えばあのテスト結果は正しかったのかな。

ふるさと納税をやってみました

基本的にゆかりのある土地に振り込もうと思っていたのですが
市町村によって、思い入れの強さに差があるように思います。

そのため、お礼の品が良いところに寄付をすることにしました。
1万円 * 2で、合計2万円分寄付しています。

米を送ってくれる地域が無かったので、両方牛肉にしました。
来月あたり、焼肉無双になりそうです。

でも、お米も必要だから、どっか良さそうなところに寄付しないとなぁ。

全然足りない

お金が足りない。まだ全然セミリタイヤに突入ができるほど貯まってはいない。

今に至るまで、無駄に使ってきたお金をもっと有意義に活用することが
できれば良かったと後悔しています。

ただいったいいくら貯めれば満足して、会社を辞めるところまで
いけるのだろうか。それまで自分が生きていられるのだろうか。

定期的に運動をしているわけではないので、きっと身体の至るところに
ガタが出始めていると思うのだけど、やりたいと思い立ったときに動けるような
精神・身体の状態にしておきたい。

プロフィール

もぐら

Author:もぐら
30代独身。雇用に束縛されず、精神的にも経済的にも社会的にも独立することを目標に日々をすごしています。打たれ弱い豆腐メンタルと過剰なまでの楽観主義の持ち主であり、扱い辛い社会不適合者です。
やりたいことリスト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
91位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
tweet
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR