振り返り

PCの整理をしていたところ、昔の写真が出てきた。
2010/11月に部屋の机の前を取った写真だった。なので、7年以上前の写真ということになる。

机の前には沢山のポストイットが貼ってあり、気を付けることや自身の目標、やりたいことなどが書かれていた。
昔の自分は意識高い系の人だったことを思い出す。

今では疲れてというか、自分を見限ったところもあり、セミリタイアを目指しているけど
この頃はやる気に満ち溢れていて謎の万能感も持ち合わせていたように思う。

ただ7年前と比べてどれだけ自分が成長しただろうかと振り返ったが驚くほどに自身が成長していないことに気が付く。

退化はしていないけど、前進も多少といったところ。
歳だけを重ね仕事以外に自ら学ぶことをしてこなかったことを改めて痛感した。

人間的に成長したかと言われてもそんなこともなく、
むしろつまらない人間になったような気もする。

他の過去の写真を見て思うことも多かったが、自分自身の成長を感じることができ、かつ、自身が目標に対して頑張っている時が一番好きだった。

いつからかは覚えていないが、貧BPのブログでバックパッカーの生き方などを知り、そこからセミリタイヤやBライフという考え方を
知ったとき『一生働かなくてもいいんだ』というある種、救いのようなものを感じたことがあった。あれから成長に対する目的意識が薄れ、預金は増えたが自分自身への投資自体はしなくなったように思う。いつ辞めてもいいや、という考えが頭を過ると自然と行動にも表れるようになり、周りに迷惑をかけるような生き方になっていたように思う。そんな中で働くと周りの目も自然とマイナスに向くようになり、負のスパイラルに入っていた。
ただやはり、自分に対して自己肯定感を得られるような生き方が自分には向いているのではないかと感じ始めてきた。

セミリタイヤに成功したり、小屋暮らしで生きている人もいるけど、楽そうなのは感じるけど、
同じ立場に身を置いたときに果たして後悔しないだろうかと考えてしまう。

ただ、やりたいことリストに挙げたような長期の旅などは、死ぬまでにはやりたい。

これらを両立するような生き方を考えると、今は成長を意識した生き方をして体力的に厳しくなりそうな歳で一度辞めて、可能ならまた同業種で働けるところを探すというのがよさそう。

それは結局はセミリタイヤかもしれないが、その時にならないとわからないとも思う。まずは自身の伸ばしたい部分を明確にするために、またやることリストでも作ろうかな。


何年か前にも似たようなことを考えた時期があったような・・・。
スポンサーサイト

日本銀行のデータが面白い

日本銀行がETFを買い支えているとのNewsを良く見ますが、この買い支えられてるETFって、一体今幾らで、どのぐらい買われているのかが気になりました。

こちらについてはデータが公開されており、
日本銀行の営業毎旬報告の、金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)がその金額みたいです。
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/acmai/release/2016/ac160930.htm/

現在、9.7兆円のETFを日銀が持っているということになります。
ちなみに、2015/9/30時点では、6.2兆だったため、ここ一年間で3.5兆円が買われたことになります。
そりゃ、筆頭株主に日銀の名前が挙がってきますね。

で、さらに気になったのが日銀が保有している日本国債の金額。
2015年が309兆円だったのが、2016年は397兆円と90兆弱増えてます。
ここ何年か、銀行ではなく日銀が国債を買うような動きになっていたみたいです。
全然知りませんでした。

国債を日銀が買うことで市場にお金が循環することになるので、インフレになるのでしょう。きっと。

あと、同じく日本銀行のページにあったのですが、下記の資料が面白いです。
http://www.boj.or.jp/statistics/sj/index.htm/#p01
の資金循環の、その他→参考図表の部門別の
"金融資産・負債残高(2016年6月末、兆円)"って描かれた1ページ目の図。

日本にどれだけの資産があるのかが、一目で分かります。
日本全体に3200兆ほどの資産があって、また対外的にも900兆の資産があり、逆に負債としては日本全体で3000兆ほどあって、対外的には600兆弱ある。
この中で国の借金といわれるものが1088兆あり、多分その3分の1ぐらいを日本銀行が買っている。そんな状況のようです。

こんなことが分かった所で何がいいんだということもありますが、少なくとも負債よりも資産の方がまだ多い状態になっていることで安心はしました。

ただ、やっぱりGDPの倍以上の債務を抱えているのは異常なので、いつか破綻するでしょう。
結末としては国が債務不良に陥って、IMFによって資産整理されるなんてことはなく、この内容を見ると預金凍結されて国の借金返済に充てられる可能性が高そうに思います。

何をやりたいか

先日、昇格して少し給料が多くもらえるようになりました。ただ、その分責任も増えて求められることも大きくなると思いますので
最近は単純に喜べなくなってきました。

自分で出来ることが増えて喜べる人はきっとやりたいことなり目的が明確になっている人だと思います。
そうでないタイプの人はマネジメントするものが増えることや、求められることの多さからネガティブな印象を持つのではないかと思います。

でも給料や格付けでやるべき仕事を考えるのは、やっぱり凝り固まった考え方かもしれません。
実際、自身よりも格付けは下で、はるかに責任のある仕事や影響力のある業務についている人がいます。個人的にはその人をもっと評価して欲しいと思っています。

成果に対する報酬が給料であるならば、自分たちにもある程度給料を配分する権利をくれてもいいんじゃないかと思います。
自分以外のお世話になっている人に10%ぐらい渡すようする制度とか。

でも格付けが下でも仕事を回している人たちは、お金や地位などで動いていることは無いように見えます。結局、本人の責任感の強さなり、チームへの思いやりなりが強かったりするからこそ動いているのであって、ホワイトエンジンが作動しやすい人のようです。そういった人が疲れてきたときに縛るための仕組みがきっと給料なんでしょうね。

世界樹の迷宮4の感想

久しぶりに日記を書き始めようと思います。
一日に15分ぐらいは日記を書く時間に割り当てる予定です。
ジャンルは決まっていないので、その時思いついたことを書いてきます。

今は3DSの世界中の迷宮4をやっているのですが、中々の名作です。
世界樹シリーズは1からやってますけど、ゲームバランスが本当に良いです。
シナリオに関しては、恐らく1から同じような流れで、要素は増えていきますが
メインの要素(ゲームシステム、世界観、ステージ構成)などは引き継がれています。

多分、この流れで世界樹5も買う気がしますが、その頃まで同じようにやっている
ユーザーが残っているかが、厳しいところです。

Nintendo 3DSになってから、すれちがい通信という要素が増えて
この機能がゲームにおける、ゆるい繋がり感じさせてくれます。
ゲーム本体にも機能があるため、単純に3DSを持っている人と
すれ違うだけでも、この機能を使うことは可能です。

世界中4にもこの要素があり、同じゲームをやっている人と宝の地図などを
交換することが出来ます。

ただ、難点としては
・すれ違える人がいないと面白くない
・同じゲームをやっている人が少ないとすれ違えない
などの問題があり、私はまだ世界樹4をやっている人とは
すれ違えていないです。

まぁ、気長に続けていこうと思います。

2016年の抱負など

新年明けましておめでとうございます。

年も明けたこともあり、今年の抱負を書きたいと思います。

ざっくりとこんな感じです。
・仕事は来年まで続けられるよう頑張る
・支出は年120万以内に納める
 (昨年の総支出は134万6057円でした)
・本を25冊以上読む

収入に関してはコントロール出来ないので、主な抱負には書きません。
ちなみに既に小説は今年一冊読んだところです。
後、24冊地道に読んでいこうと思います。

本当は今年はもっと活発に動こうかと思ったのですが、
どうやら今年から大殺界に突入したので、これから3年程は
あまりアクティブに動くことは避けようかと思っています。

普段は占いを気にしないタイプなのですが、新年早々に
ショッキングな出来事があり、今年の運勢を調べてみたところ
大殺界に突入していました。

ただ、4分の1で悪い年になっていただけと考えると
そこまで大した確率では無いです。
(むしろ12年前の自分が楽しくなかったと言われると、
全然そんな事は無く、幸運続きでした)

まぁ、自分がアクティブに動こうと思わなくとも周りの状況は
随時変わっていくので、自分としては粛々と生きようと思ってます。

こんな感じでブログ更新も気まぐれに進めていこうと
思いますが、今年もよろしくお願いします。
プロフィール

もぐら

Author:もぐら
30代独身。雇用に束縛されず、精神的にも経済的にも社会的にも独立することを目標に日々をすごしています。打たれ弱い豆腐メンタルと過剰なまでの楽観主義の持ち主であり、扱い辛い社会不適合者です。
やりたいことリスト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
91位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
tweet
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR